ブログトップ

私の親、バスガイドです。

a5qrlx4q.exblog.jp

交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)

 政府は11日午前の閣議で、2010年版の「交通安全白書」を決定した。それによると、09年の交通事故による死者数は前年比4.7%減の4914人と、1952年以来57年ぶりに5000人を下回った。死者数の減少は9年連続。
 また、09年の事故発生件数は同3.8%減の73万6688件で、5年連続で減少した。白書は、シートベルト着用率の増加や飲酒運転が減ったことに加え、衝突時の衝撃吸収性に優れた自動車の普及が進んでいることが要因と分析している。 

【関連ニュース】
川に車転落、59歳男性死亡=橋の欄干突き破る
栃木県警元署長、飲酒運転で逮捕=「農業」と発表、「分からなかった」
伊良部元投手、飲酒運転で逮捕=米ロサンゼルス近郊で
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走

<南アW杯>ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
シャッターの3業者に55億円の課徴金納付命令 公取委(産経新聞)
皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
[PR]
# by ieu00mqjkd | 2010-06-15 22:03

鳩山首相、続投?にサムアップ!笑顔!(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表、63)は1日、党内の退陣要求の高まりを受け、小沢一郎幹事長(68)、輿石東参院議員会長(74)と国会内で会談した。党側は参院選の厳しい情勢をあらためて伝えたが、進退問題の結論は出ず、協議を継続することになった。「辞任圧力」をしのいだ形の首相は会談後、「続投か?」の問いかけに笑顔のサムアップを披露した。参院を中心とした退陣論は収まる見通しはなく、政権の行方は予断を許さない状況だ。

 約200人の報道陣が埋め尽くした総理大臣室の前で、鳩山首相が想定外のアクションを起こした。会談を終え「続投ですか?」と呼びかけられると、笑顔で左手親指を宙に突き上げるサムアップ。「首相が辞任するのでは」と殺気立っていた報道陣から「オオ〜ッ」と、どよめきが起きた。

 約30分の会談では、主に輿石氏が参院選の厳しい情勢をあらためて伝え辞任を促したが、首相は「頑張りましょう」と述べ、辞任要求には応じなかった。「辞任圧力」を何とかしのいだことで「僕、負けなかったもんね」といわんばかりのポーズが出たようだ。

 首相とは対照的に、会談後の小沢氏と輿石氏は、ともにムッとした表情。細野豪志副幹事長(38)によると、小沢氏は「いろんなことを話したが、結論は出ていない。引き続き話し合うことになった」と述べたという。

 5月31日の3者会談でも、輿石氏らは参院選の厳しい情勢を報告し、暗に退陣を迫っていた。しかし、首相は深夜に及んだ衆院本会議後、公邸で側近議員数人と党内情勢を分析。「降ろそうとしている側に、次にどんな政権にするか明確な展望があるわけではない」との“楽観論”もあり、強気に。協議中に国民新党の亀井静香代表(73)から激励の電話を受け、首相は「頑張りますよ」と応じたという。

 首相はこの日、口蹄(こうてい)疫で揺れる宮崎を訪れ、帰京後は都内の懇親会やパーティーに出席。パーティーでは「こんなときによく来れたな。感謝していただきました。来られました」と笑いを誘う余裕すら見せていた。

 一方、改選を迎える参院議員らは切実だ。「参院の7〜8割は首相を代えろという雰囲気だ。もう限界だ」との声が漏れた。同党の高嶋良充参院幹事長(69)は「改選組が苦労している環境を改善できたらと思っている」と首相の自発的辞任に期待をにじませた。参院幹部は首相の辞任拒否に憤慨。2日の参院議員総会で「不満が噴出する」と指摘した。

 「Xデー」の予感に、異様な雰囲気が漂った永田町。民主党には1日、マニフェスト(政権公約)の原案が広告代理店から届けられたが、表紙は白紙のままだった。

 今後のカギを握るのはやはり小沢氏。この日、名古屋入りの日程をキャンセルし、予定していた記者会見も2日連続延期に。2日に首相と再度会談したい意向だが、首相の日程と意思次第となる。自らも進退を問われる立場にいる小沢氏。この日も“美人過ぎる運転手”のエキサイティングな運転で国会を後にした。

 【関連記事】
鳩山首相が宮崎入り、東国原知事と会談
鳩山首相、小沢氏と1日夕にも進退協議
閣僚らは首相交代「想定してない」
鳩山首相、続投意欲を強調

警察学校生、盗撮で逮捕=書店で女性狙う―千葉県警(時事通信)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
iPad、教室での活用法は?(産経新聞)
普天間移設問題、政府対処方針の全文(読売新聞)
「弘道会壊滅」警察庁長官指示 本部長会議(産経新聞)
[PR]
# by ieu00mqjkd | 2010-06-04 16:13

子ども手当「満額」見送り=参院選公約で民主企画委(時事通信)

 民主党マニフェスト企画委員会は21日の会合で、夏の参院選の政権公約について、子ども手当の「2011年度からの満額支給」の明記を見送ることを確認した。厳しい財政事情を考慮し、公約を事実上修正することにした。
 子ども手当について、昨年の衆院選公約では、1人当たり月額2万6000円の満額支給を掲げていた。参院選公約では「財源の状況を勘案し、すでに支給している月1万3000円から上積みする」との表現にとどめる。上積み分は「地域の実情に応じ、出産一時金や保育、給食、ワクチンなどの現物給付にも代えられる」とし、現金に加え、地方自治体が現物給付の内容を選べるようにした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

真夏日 東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
とりあえず静観 服部緑地にヌートリア親子 大阪・豊中(産経新聞)
<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 「匠の館」で一般公開(毎日新聞)
「マニフェスト」と呼称せず=「詐欺の代名詞」と敬遠―夏の参院選で自民(時事通信)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
[PR]
# by ieu00mqjkd | 2010-05-28 00:35

小沢幹事長 政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は12日、自身の「政治とカネ」の問題に関し、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席し、説明する方向で検討に入った。複数の党幹部が明らかにした。夏の参院選や国会運営への影響を懸念したとみられる。民主党は来週にも政倫審の開催に応じる考えだ。

 12日夕、国会内で山岡賢次国対委員長と会談した小沢氏は山岡氏から政倫審出席を提案され、「いつでも出る」と応じたという。党幹部は「検察審査会の起訴相当の議決を考慮した」と語った。

 小沢氏は10日夜、国民新党の亀井静香代表に「おれは悪いことしていないので絶対にやめない」と伝えている。鳩山由紀夫首相は12日、小沢氏について「党の運営に卓越した手腕を持っている。今日までの党運営を評価すべきだ」と述べ、続投支持を表明した。小沢氏は政倫審出席で批判を可能な限り抑え、「小鳩体制」のまま参院選に臨む意向だ。

 一方、自民党の大島理森幹事長は「(政倫審は)公開でやるのが筋だ」と指摘し、「(小沢氏)1人だけで済む話ではない。首相も出席すればいい」と述べ、政権全体の問題として追及する考えを示した。

【関連ニュース】
民主党:企業・団体献金「党本部」禁止触れず
小沢幹事長:3回目の聴取要請 東京地検
小沢幹事長:国民新・亀井代表と会談
民主党:小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める
普天間:米大使、小沢氏と極秘会談「鳩山は信用できない」

谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ(J-CASTニュース)
「不公正評価で昇給延期」=教諭への賠償命じる―東京地裁(時事通信)
H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)
[PR]
# by ieu00mqjkd | 2010-05-19 10:15

不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)

 仙台市の奥山恵美子市長は10日の記者会見で、子ども手当の申請書に、本来は必要ない年金番号を記入させる欄があったなどとして、今後送付する1万5000枚を作り直すと表明した。

 市によると、不要な記入欄があったのは、児童手当を受給していなかった約2万6000世帯分。厚生労働省が3月に各自治体に示した様式案では、加入する公的年金の番号を記入する欄が設けてあり、市はこれを基に申請書を印刷した。

 しかし、法案成立後の4月上旬に届いた厚労省の様式案では、「健康保険証の写しなどで本人確認ができる」として年金番号の記入欄が消滅。市は「発注した印刷を中止して作り直せばコストがかかる」としてそのままにしていた。

 申請書の用語にも分かりにくさがあったと説明。申請者の職業や、対象となる子どもの状況を示す欄に、「被用者」(会社勤めの意)や「監護」(請求者が子供を育てていること)などの法律用語が使われており、10日に会見した奥山市長も、「私でも難しい言葉があった。不自由、面倒をかけた」と陳謝した。今後の発送分については用語の解説文を付ける考えを示した。

<シニアカー>事故ご用心 歩行者に追突、加害者に(毎日新聞)
マニフェストの記載項目、13日にも「たたき台」−民主党企画委(医療介護CBニュース)
【集う】HRW東京オフィス開設1周年記念チャリティーディナー(産経新聞)
鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
[PR]
# by ieu00mqjkd | 2010-05-12 10:08